おかえりなさい 被災ピアノ復活の歌

 詞 柳谷雄介 曲 川上盾

 おかえりなさい、君の帰りを待ってたよ

 あれから5年の月日が流れた


 泥の中にひっくり返ってた君を

 助け起こしたあの日、君は絶望の中にいたのか?

 でも、君の声を聞いてから僕は信じてた

 「必ず君は元気に、よみがえる

  大きな傷を受けたこと

  なかったことにはできないけれど

  痛みを知った君にしか

 負えない使命を身に受けて

  新しい命に輝くその時が

  いつか必ずやってくる」と


(間奏 「響きわたれぼくたちの歌 生まれ変わる神戸のまちに

     届けたいわたしたちの歌 しあわせ運べるように」)


 今、君は前よりも 美しくなって

 僕らの元へと帰ってきた

 これから共に助け合い

 一緒に歌を歌い続けよう

 僕らは君を見捨てない

 神さまも君を見捨てない


 おかえりなさい、君の帰りを待ってたよ

 これから新たな月日がはじまる

 ここから僕らの歌が生まれる